HISTORY沿革

学校法人帝京大学が可児市の要望に応えて協定を結び、帝京大学の附属校として 帝京大学可児高等学校中学校を設置しました。
中高一貫校として、少人数制のもと、基礎学力を重視した教育の充実をはかり、生徒の個性を生かした教育を施す学校として発足しました。

昭和63年 4月 帝京大学可児高等学校中学校開校
藤井淳校長就任 入学生徒:高校31人、中学26人
平成元年 6月 プールおよび更衣室、テニスコート(2面)竣工
平成2年 6月 陸上グラウンド竣工
校歌制定
平成3年 3月 第1回卒業式
平成3年 10月 校旗製作
平成5年 3月 東門竣工
平成7年 3月 藤井淳校長退職
平成7年 4月 水野智雄校長就任
平成8年 4月 コース制発足(高校:特進コースと文理コース / 中学:特進コースと志学コース)
スクールバス運行開始
平成9年 4月 特待生制度の本格運用開始
平成10年 10月 下足棟・階段棟竣工
平成11年 3月 ラザフォードカレッジ(ニュージーランド・オークランド市)と姉妹校提携
交換留学制度の運用開始
平成13年 8月 校内LAN・第2OA室設置
平成14年 3月 生徒の勤労活動の一環として、桜(300本)・アジサイの植樹
ゴルフ練習場竣工
平成15年 4月 (株)コパンと提携し、サッカー部・水泳部の強化開始
平成16年 4月 学校マイクロバス購入
コパン研修センターにて寮生受け入れ開始
高校サッカー部・硬式野球部の強化開始
平成17年 4月 古木純司校長就任
学寮竣工(入寮者35人)
医療特進コースの設置
高等学校制服を改訂
平成17年 8月 校舎内トイレ改築、談話室・談話コーナー設置
平成18年 3月 水野智雄教育顧問退職
平成18年 4月 硬式野球部部室竣工
平成19年 3月 新校舎竣工、職員室拡張、新放送室・新相談室・新印刷室設置
平成19年 4月 生徒数学則定員(720人)を超える(756人在籍)
平成19年 7月 アメリカ1年留学開始
平成19年 11月 創立20周年記念式典挙行
平成20年 3月 人工芝グラウンド「TECOフィールド」・新駐輪場(2ヶ所)竣工[創立20周年記念事業]
東京大学(理科二類)現役合格
平成20年 4月 生徒数800人を超える(806人在籍)
新部室4棟完成
平成21年 3月 高校修学旅行(高1志賀高原スキー)開始
2年連続東京大学(理科二類)現役合格
平成22年 12月 学寮新館竣工
平成23年 3月 東京大学(文科三類)現役合格
国公立大学40人合格
平成24年 3月 国公立大学44人合格(過去最高)
平成24年 4月 帝京大学可児小学校開校 4・4・4システムによる小中高12ヶ年一貫教育開始
平成25年 7月 同窓会定期総会を初めて開催(同窓会HPも開設)
平成25年 8月 中学サッカー部「第44回全国中学校サッカー大会」初の全国制覇
平成25年 10月 新グラウンド「TEIKYO けやき フィールド」竣工
平成25年 11月 高校海外修学旅行(高2香港)開始
平成26年 7月 校舎改修工事Ⅰ期
平成27年 8月 校舎改修工事Ⅱ期
平成28年 4月 古木純司統括校長就任
加藤昭二校長就任
校舎改修工事Ⅲ期
平成29年 12月 創立30周年記念式典挙行
ホームページリニューアル
平成30年 3月 校舎改修および教室増築竣工
大森グラウンド竣工
東京大学(理科二類)現役合格
平成30年 4月 英国Woodhouse Grove School(ウッドハウスグローブスクール)との交流開始
帝京大学可児小学校 1期生 中学入学
平成31年 3月 第1回 英国 Woodhouse Grove School 18人訪問