NEWSニュース

2019/01/07

3学期「始業式・伝達表彰」実施

3学期「始業式・伝達表彰」実施

 本日7日(月)、本校中学校、高等学校の3学期「始業式」が行われました。
 学校長の訓話では新年の挨拶から始まり、以下の3点について話がありました。
 (1)学校生活において、自分と仲間を大切にし、切磋琢磨して成長してくれるよう期待していること。
 (2)平成から新元号(年号)へと名称や時代は変遷しますが、平成生まれの子ども達が「大人になる
    ことに夢を持てるような時代」となってほしいこと。
 (3)「ネトゲ廃人」予備軍の存在の危機感、一方で世界のゲーム市場拡大やe―スポーツの急速な普及がある。
    そのような時代背景の中、生徒は多くのことを学び、実体験を積み重ねていくことが大切である
    ことを意識して、責任ある考え方や行動をしてほしいこと。

 また、式後には「国民体育大会馬術競技少年ダービー競技」で優勝(昨年に引き続き2連覇)した
 高校2年生の小栗麻莉乃さんと愛馬の伝達表彰をはじめ、各種大会で入賞した生徒の伝達表彰が行われました。 
 続いて生徒指導部長からは、休み明け後の金銭管理に関する注意と制服の仕様が来年度から一部変更する旨の説明がありました。

                                                 【教務部より】