NEWSニュース

2022/08/24

2学期「始業式」実施

2学期「始業式」実施

 本日24日(水)午前、オンラインによる令和4年度の第2学期「始業式」が行われました。
 学校長の訓話では、以下のことに関して言及がありました。

⑴夏季休業中、大きな事故や事件に巻き込まれたなどの報告もなく、皆が元気に新学期を迎えることができた。勉強、部活動の大会・練習、合宿等、あるいは家族や友人と過ごした時間が、それぞれにとって「記憶」に残る夏休みであったことを願いたい。夏休みの勉強不足や不安を感じる人は、今日から気持ちを切り替え、時間をつくり出し、学業成就のために精進してほしい。

⑵今年度9月から開講のIBDP(国際バカロレア・ディプロマ・プログラム)コースへ入学し、本校の教育課程やIBのカリキュラムで通算3年間学ぶ外国人生徒、また、中華人民共和国、上海の文來高等学校と深圳高等学校から本校の高校2年生へ転入学する生徒や中国での教育課程等の紹介が行われた。新設の帝京大学可児高等学校国際寮で集団生活をし、登校後は授業や行事、あるいは部活動等で日本人生徒と一緒に、帝京大学可児の一員、生徒として、学校生活を送るので、未来に繋がる君たち若者相互の積極的な交流を期待したい。

⑶感染力の強い新型のコロナウイルスにより、「第7波」のまっただ中、学校始業の今日から一層感染防止の基本対策を徹底したい。特に、「陽性判明」、感染してしまったことはやむを得ないので、「他者に感染させない、感染を拡大させないためにどのような対応をすればよいのか」、一人一人が判断して責任ある行動を求めたい。

続いて、伝達表彰では、インターハイをはじめ、全国の舞台や県大会などで活躍した部活動(サッカー、水泳、ゴルフ、野球等)やコンテスト・発表会(吹奏楽、発明くふう展、英語弁論大会、全国総文祭実行委員等)で賞などを獲得した部と個人の栄誉が称えられました。

                      【教務部より】