NEWSニュース

2022/07/15

1学期「終業式」実施

1学期「終業式」実施

 本日15日(金)午前、オンラインによる令和4年度の第1学期終業式が行われました。学校長の訓話では、以下のことに関して言及がありました。


1学期の節目の今日、これまでの生活や学業を振り返り、この夏休みを機に第2学期の成長につないでほしい。
一方で、感染力の強い新型のコロナウイルスの発生により、大きなリバウンド(第7波)が起きている。
夏季特別授業、学習合宿、キャンプ等の行事及び部活動の大会や遠征時には、感染防止の基本対策を徹底したい。


ロシアのウクライナ侵攻による二国間の争いは激しさを増し、多数の命が失われ、出口が見えない。
食料や燃料の基幹国であるため、世界経済にも大きな影響を与えている。
日本では、ちょうど1週間前、安倍晋三元首相が「銃」によって、命が失われた。
明治の時代、岐阜でも政党党首板垣退助が刺客によって襲撃され、次のような言葉を発したとある。
「板垣死すとも自由は死せず」、戦争も暴力も許されない、今一度、皆で命の尊さをかみしめたい。


今年4月、成年年齢が二十歳から十八歳になり、若者の自己決定権が尊重され、積極的な社会参加が求められている。
一方で、6年前には選挙権が与えられている。
先日の参議院選挙で社会への意思表示した人もいたと思う。
ぜひ、一人一人が視野を拡げ、国内外の出来事に眼を向け、社会参画できる大人になってほしい。

 続いて、伝達表彰で多くの部活動や個人の栄誉が称えられるとともに、四国インターハイへ出場する高校男子サッカー部及び少林寺拳法の演武に出場する高校1年生の壮行会が開催され
ました。
 休み中、交通事故、水難事故、熱中症やコロナ感染防止対策に努めるとともに、情報モラルの意識を高め、事件に巻き込まれるようなことなく、充実した夏休みになるよう期待し 
ています。  

                             【教務部より】