NEWSニュース

2020/01/07

英国「ウッドハウス・グローブ・スクール短期留学生」帰国

英国「ウッドハウス・グローブ・スクール短期留学生」帰国

 9月より英国「ウッドハウス・グローブ・スクール」への留学していた第3期生の西村咲良さん(中学2年生)が、3ヶ月半の留学を終えて帰国しました。
 現地では、寮に滞在し、同年代の生徒たちと共に充実した学校生活を送りました。学校の長期休みにはホームステイも経験し、語学力を磨くことはもちろん、イギリスの文化・風習を体験する中で、自分自身、そして、日本を見直す良い機会となったようです。
 留学中に学んだこと、感じ取ったことを仲間に伝え、今後は両校の交流の架け橋となってほしいと思います。

【西村さんの感想】
「WGSでの3ヶ月半はあっという間でした。帰国する頃には、クラスメイトや寮生、先生との別れがとても辛かったです。現地のイギリスの人たちだけでなく各国からの留学生と日々を過ごし、言葉だけでなく、文化や習慣の違いも乗り越え分かり合えたことは何よりの喜びでした。すべて英語での授業、寮生活や様々な行事など現地でしか経験出来ないことがたくさんありました。この経験を将来にも活かしていきたいです。」

 帝京大学可児高等学校中学校は海外語学研修、海外留学の促進など、幅広い国際理解教育を通して、21世紀の新しい時代を生き抜く人材育成を推進しています。

 ※ウッドハウスグローブスクール動画
https://www.youtube.com/watch?v=H2c1r1zRkIU&t=11s
 ※ウッドハウスグローブスクールHP
http://www.woodhousegrove.co.uk/

                          【教務部より】