NEWSニュース

2018/12/10

サイエンス部「理科研究」発表

サイエンス部「理科研究」発表

 8日(土)、各務原市で行われた「東海地区理科研究発表会」に、サイエンス部の2年生2名、1年生2名が出場し、日頃の研究の成果を発表しました。
 帝京大学可児サイエンス部は「イシクラゲを利用した土壌改良の研究」という演題で多くの聴衆を前に、パワーポイントを使ったプレゼンテーションを堂々と行いました。
 愛知、岐阜、三重の高校生から27の発表があり、互いに大いに刺激を受けた素晴らしい大会でした。

◇第3会東海地区理科研究発表会(東海学院大学)

 帝京大学可児サイエンス部  奨励賞
                              【サイエンス部より】