学校案内

学校案内
School Guidance

建学の精神

努力をすべての基とし、偏見を排し、幅広い知識を身につけ、
国際的視野に立って判断ができ、
実学を通して想像力および人間味豊かな
専門性ある人材の養成を目的とする。

 「 帝京大学可児高等学校中学校 」は、昭和63年(1988)開校。
 当初は中学生26名、高校生31名の計57名でスタートしました。今年29年目を迎えます。これまで、コース制の発足、スクールバスの運行、NEW ZEALANDラザフォードカレッジとの姉妹校提携、部活動の強化指定、COPINとの業務提携などを推し進めるとともに、学寮や新校舎増設、全面人工芝グラウンドなどの施設設備の充実を図ってきました。また、平成24年には小学校も開校し、全国的に子供の数が減少する中、本校の児童生徒数は、小学校・中学校・高等学校あわせて950名を超える人数の学校となっています。
 大学進学の面では、毎年85%前後の高校3年生が、「現役・4年制大学進学」を成し遂げており、国公立大学や難関私立大学へ多くの生徒が進学をしています。また部活動では、県大会のみならず、東海・全国大会で活躍する部も出ています。こうした「文武両立」を実現できる本校で、入学する生徒の皆さんが、「建学の精神」の冒頭にある「努力」を続けて、充実した6年間を過ごされることが私たち教職員の願いです。